【本音レビュー】フォーク型アイブロウリキッドペン|毛のように描ける眉毛ペン

4本爪アイブロウペン

海外のインスタグラマーやユーチューバーも紹介している本当の毛並みの様に描けるアイブロウペンを使ってみました

フォーク型アイブロウ リキッドペンとは?

ペン先がフォークのように割れていて、何本かのラインが一度に描けるアイブロウペン(眉毛ペン)のことです。決まった名称は無く、”フォーク型アイブロウペン”と呼ばれていたり、他にも”4本毛先4本爪アイブロウペン”などと呼ばれています。

海外では何と呼ばれているの?

海外では
“Fork Tip Applicator” (フォークチップアプリケーター)“4 Tip Brow Pen”
眉毛タトゥー(マイクロブレーディング)のような仕上がりになることから
“Tattoo Brow Pen” (タトゥーブロウペン)
“Microblading Ink Pen” (マイクロブレーディングインクペン)
などと呼ばれています。

どこで買えるの?

日本ではメイベリンからブロウリキッドペンという名前で販売されているのでドラッグストアや楽天、アマゾンからも購入できます。
その他、ベネフィットロレアル、韓国コスメのエチュードハウスからも出ています。


■ポスト投函■メイベリン ブロウインク リキッドペン BG-1 バーガンディ


■ポスト投函■メイベリン ブロウインク リキッドペン NB-1 ナチュラルブラウン


■ポスト投函■メイベリン ブロウインク リキッドペン GB-1 グレーブラウン

実際に使ってみた

今回使用したのはこちら ↓
オーストラリアのブランドMco Beauty 
Tattoo Brow (Microblading Ink Pen)
色:Midium Brown
価格:16オーストラリアドル
クルエルティ―フリー(動物実験なし)で全ての商品が30ドル以下というプチプラが売りのコスメブランド。
2019年に設立された新しいブランドです。

    
このようにペン先が4本に分かれています。
まずはどんな感じになるか紙に書いてみました。
4本のラインが一気に描けます。 

ペンを寝かせて描くと太くなり、立てて描くと細いラインが描けました。
   

実際に眉毛に描いてみると。。
思ってたようにうまく描けません!
そして付け足して描けば描くほど濃くなってしまい、のりのようなべったり眉毛になってしまいました(悲)

何度かチャレンジして
こちらがビフォアー&アフター↓

4本爪アイブロウ

せっかくの4本毛先なのにうまく毛のラインも出ていませんね(汗)
しかも一度描いたらいいのか悪いのか、なかなか落ちません。
練習とコツが必要だと改めて実感。

レビューまとめ

  • 4本一気に描けるのでうまく描けるようになったら時短になり便利
  • 顔にクリームやオイルなどの保湿剤が付いているとうまくインクが出ず、4本きれいな線が出にくい。肌がマットな状態のほうがインクが出やすい。
  • 筆を寝かせると線が太くなるので、なるべく立てた状態で描いたほうが自然な細いラインが出る。
  • 同じところに何度も描くと線が消されていき、べた塗り風の仕上がりになってしまう。
  • 汗、水に強く時間が経っても落ちにくい。
  • これ一本で眉尻も含めて細かい部分も仕上げるにはコツが必要。
    眉尻やちょっとだけ足したい部分は極細アイブロウペンを使うなど、慣れるまでは使い分けたほうが良い。
  • 自分の眉毛の色と極力同じ色を選ばないとなじまなくて不自然なしあがりになる。色が合わない時は眉マスカラで地まつげの色となじませると自然な仕上がりになる。


追記

あれから毎日こつこつ使い続け1か月ほど使用してみました。

使い方にもだいぶ慣れ、最初に描いたよりもより自然に素早く描けるようになりましたが、眉尻の細くなる部分はどうしてもうまく描けないので、その部分は普通のアイブロウペンか、アイブロウパウダーを筆に取り描いています。
落ちにくいので長時間外出するときや運動する時などに役立っています。
使わなくなるかなと思っていましたが、意外と気にいっています。
今度は違うブランドのペンも試してみたいと思います。

海外のナチュラルコスメやファッションの情報をお届けしています! バイマにも出品中!【ショップ:Three B 】

プロフィール

関連記事