バイロンベイ発 Auguste ヘンプ&コットンTシャツ|日本未発売!

バイロンベイ発『Auguste』(オーガスト)のグラフィック Tシャツ
今回ご紹介するAugusteのTシャツはこだわりのデザインと素材でできた人気商品で、今現在日本未発売商品です(バイマで購入できます!)
私も大ファンで毎シーズンチェックしています。
ジーンズはもちろん、マキシスカートや麻のワイドパンツに合わせたりと大活躍のアイテム。
今回はそんな私の大のお気に入りのTシャツを紹介させていただきます!

Auguste(オーガスト)ってどんなブランド?

2015年に誕生したバイロンベイにメインのブティックを持つオーストラリアでも人気のアパレルブランド。ボヘミアンテイストとビンテージがミックスされたドレスやマキシスカートを中心に水着や子供服なども展開しています。子供服は日本ではなかなか見かけないような大人顔負けのデザインでボヘミアン調のドレスやスカートがめちゃくちゃおしゃれで可愛いです。

また環境問題などにも積極的にケアをしており、『オーストラリア海洋保護協会』『オラウータンランドトラスト』というオラウータン存続の為に必要な森林地域を保護する団体に売り上げの一部を寄付しています。

お気に入りポイント ❶

ヘンプ(麻)55% +オーガニックコットン45%の黄金比率で作られている!
この比率よく見かけるのですが、アパレル業界では有名なのでしょうか?ヘンプの固さとオーガニックコットンの柔らかさがミックスされて、洗えば洗うほど味が出てくるTシャツ。ヘンプには防臭効果や汗を吸い取る効果そして乾きも早くて生地も強いという様々な利点があります。ヘンプ100%のTシャツだと縮みが気になったりごわつきが気になりますが、この黄金比率の”程よく固く、程よく柔らかい素材”がくせになります。

 

お気に入りポイント ❷

襟ぐりの開きが絶妙!
Tシャツってシンプルな分、形が重要になってきますよね。袖の長さや開き具合、そして私が重要視しているのは襟ぐりです。詰まり過ぎた襟ぐりのTシャツが苦手で、かといって開きすぎたものもあまり好きではありません。AugusteのTシャツは襟ぐりが程よく開いていて、ちらっと鎖骨やネックレスも見える絶妙な開き具合なところが気に入っています。上にカーディガンジャケットを羽織っても襟ぐりが詰まっていないのですっきりとした着こなしになります!

 

詰まり過ぎず開きすぎない襟ぐり。 ちなみに私は164cmで普通体型ですが、ぴったり過ぎず余裕がある感じが好きなのでMサイズを着用しています。

お気に入りポイント ❸

ありそうでなかなかない色味が揃っている!
”Washed Black”というカラーは洗いざらした黒で、真っ黒過ぎずダークなチャコールグレーのような色。洗う度に少しずつ色が褪せてきますが、それが古着のような味がでてかっこいいのです!ちなみに記事トップに載せているTシャツの2枚が Washed Black の色です。(またちなみに、一緒に合わせているデニムはCalvin Kleinの80年代物ビンテージです)その他 “Oatmeal” というベージュ系の色や ”Blush” というピンク過ぎない、大人でも似合う、くすんだほんのりピンクの色味などが展開されています。

 

こちらは今シーズンのTシャツ(2021年4月)カラーは”Blush”という、くすんだ大人可愛いピンク

Tシャツのデザインは毎シーズン異なりますが、環境問題にも配慮しているエシカルなブランドだけあり、Tシャツのデザインもお花やプラント、月や太陽、星など自然をモチーフにしたものが多いのも特徴です。

今回はTシャツをご紹介しましたが、ドレスも可愛いし、子供服も可愛いしでまだまだご紹介したいものがたくさんありますのでまた別記事を投稿します!

TシャツはこちらのBuyma(バイマ)からご購入できます!

⇓ ⇓ ⇓ 

海外のナチュラルコスメやファッションの情報をお届けしています! バイマにも出品中!【ショップ:Three B 】

プロフィール

関連記事